よくあるご質問

清掃時期の案内及び手配

どのような浄化槽でも汚水を浄化する過程で残りカス(余剰汚泥)が発生します。

浄化槽の構造上、余剰汚泥を貯留できるようになっていますが、貯留できる容量には限界があり、過度な貯留は機能障害(槽内の詰り、水質悪化、悪臭発生など)を起こしたり、浄化槽本体の故障にも繋がります。

清掃(汲取り)とは浄化槽内に生じた汚泥、スカム等をバキュームカーを用いて引出し、その引出し後の槽内の汚泥等の調整並びにこれらに伴う単位装置及び附属機器類の洗浄や掃除などを行う大変重要な作業です。

点検時に汚泥の貯留状況を確認し、清掃が必要と判断した場合はすみやかに清掃をご提案しています。
小豆島町の清掃作業は町内の許可を受けた清掃業者に弊社より依頼致します。(有料)