よくあるご質問

漏水について

ほとんどの家庭用浄化槽はFRP(強化プラスチック)を材質としています。
浄化槽は地下に埋設していますので、土圧(浄化槽の周りの土の圧力が浄化槽を押し潰そうとする力)が常時かかっています。
経年劣化や地盤のゆがみなどで、浄化槽に強い圧力がかかり躯体が割れて槽内の汚水が地中に漏れ出す事が漏水です。
漏水は点検時に発見する場合が多く、使用者の方が気が付く事はありません。

ほとんどの漏水に関しては修理は可能ですが、浄化槽内に作業員が入って修理を行いますので、大変危険な作業になります。
作業の性質上、限られた専門業者へ修理をお願いする事になりますので、修理費用は高額になります。
また、一度破損した浄化槽は修理しても、再度破損する場合もあります。
漏水が発生した場合、修理より転換工事(埋め替え)をした方が結果的に安価になるケースもあります。

漏水を発見した場合、浄化槽の状況を確認してお客様にとってより良い方法をご提案しています。