よくあるご質問

飛翔害虫等の対応(殺虫プレートの取付け)

浄化槽内でコバエやユスリカなどの不快な飛翔害虫(不快害虫)が発生する場合があります。これらの害虫は浄化槽内で自然発生しているものではなく、近隣から飛来した害虫が浄化槽内で繁殖するものとされています。

基本的にいったん発生を確認している場合、毎年夏季によく発生しますが、まれに夏季になっても全く発生しない場合もあります。また、その逆に全く発生していなかった浄化槽でもある時期を境に発生し始める場合もあり、お客様によって何の法則性もなく発生しています。何れにせよ、槽内に害虫の発生源がある事は好ましい状態ではありません。

点検時に害虫を確認した場合は殺虫プレートの取付けをご提案し、有料で取付けを行っています。

※殺虫プレートとは・・・プレート状の樹脂に殺虫成分を含んだ薬品を混ぜてあり、これを浄化槽内に取付ける事により揮散した殺虫成分が害虫を駆除します。 (駆除効果は約2~3ヶ月)